グローバル企業に興味のある方必見。質の高い翻訳が価値を持つ理由

日本企業でも多く見られるようになったグローバル企業。グローバル企業への就職を希望している方やグローバル企業への投資を考えている方も増えており、近年やはり海外で活躍するグローバル企業が注目されています。グローバル企業とは、様々な国においてビジネス展開している企業という定義になると思いますが、基本的に会社の機能の大部分が日本にあり、海外にある拠点では販売や製造ラインなどの一部の機能を実施している企業もグローバル企業と呼ばれます。では、今回はグローバル企業について考えてみたいと思います。

日本のグローバル化に必要なのは「輸出する力」「呼びこむ力」「外で稼ぐ力」

グローバル化により日本経済をよくするために必要になる力について、まずは考えてみましょう。まずは3つの力に分類されます。

呼び込む力

今は、新型コロナウイルスが世界規模で感染拡大してしまっているため、せっかく上昇気味だったインバウンドの波が収まってしまっていますが、新型コロナウイルス拡大直前まで、訪日観光者数はうなぎ登りでした。日本の様々な文化は、世界で優位性のある日本の持つ価値の一つです。インターネットやSNSが世界的に普及している今、日本独自の文化を世界に発信すること、そしてその魅力を知った海外の人々が日本に集まってくれることで、日本経済は活性化します。伝統的な日本古来の文化はもちろん、近年世界から注目されているサブカルチャーも日本の魅力的なコンテンツなのは言うまでもありません。

輸出する力

Made in Japanという言葉がメジャーになっていますが、日本で作られた商品の品質の良さは世界中でも認知されています。生産拠点を海外におく企業も増えていますが、日本で作ったものを海外に出すことができれば輸出力は上がります。世界の人々をうならせる日本の素晴らしい商品はまだまだたくさんあるはずです。世界の人々にその良さや価値を伝えきれていないために、世界に広まっていないのであればもったいないと思います。付加価値の高い商品の魅力をもっと発信することで輸出力UPにつながるかもしれません。

外で稼ぐ力

日本の企業が海外に進出し、海外で稼ぐ力を持つことも必要です。日本のグローバル企業と他国のグローバル企業の稼ぐ力を比較すると、「売上高成長率」「営業利益成長率」「売上高営業利益率」の全ての指標で日本のグローバル企業は他国のグローバル企業に劣っているようで、経済産業省ホームページには「日本企業のホーム市場であるアジア大洋州地域市場における売上高成長率は他国企業より低く、その上、3大市場の全てにおいて他国グローバル企業にシェアをとられている。」と書かれています。控えめな日本のお国柄が影響しているのでしょうか。進出する国のことを理解して、その国の文化や習慣を踏まえた戦略で、これから更に日本の企業が広く海外で活躍できるように願うばかりです。

引用:経済産業省「II 日本を活かして世界で稼ぐ力の向上のために」
https://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2015/2015honbun/i0120000.html

「価値を上げる翻訳」は売上をあげ、人を呼び込む

「翻訳」の重要性はまだまだ認知されていないと危惧しています。正しく質の高い翻訳を行うことがおろそかにされているといってもいいかもしれません。

例えば、日本の商品やサービスを海外の国に売り込みたい場合、その国の文化や習慣、言い回しを熟知していれば、ターゲットになる方にふさわしい適切な表現が可能です。正しく適切な表現を選択することで、その商品やサービスを利用することでどんなメリットが得られるのかを正しく伝え、商品やサービスがもつ付加価値を最大限にアピールし、購入という行動を起こすために必要な意欲形成もスムーズに行えるのではないでしょうか。

翻訳サービスに関わる私たちは、正しい翻訳によって海外で日本の商品・サービス、そして日本企業の価値を最大化できるコミュニケーションができることを多くの人々に普及していかなければいけないと思います。

ぜひグローバル企業に関わる皆さんにもこのことを知っていただきたいと思います。

コラム:翻訳の落とし穴。おかしな翻訳で失笑を買う。

「翻訳」の品質面の問題は悩ましいものです。外国語も適切なターゲットに正しく内容を伝えるためには、最低限正しい翻訳が必要です。

以前、ニュースなどでも取り上げられていたのですが、外国人が失笑してしまうような、変な英語が日本のあちこちに見られます。

月極駐車場→the moon ultra parking
※本来は「monthly parking lot」

太子橋→prince bridge
本来は「Taishibashi」という地名

ヘアカラー→HEAR CALAR
※本来は「Hair color」なのでスペルミス

逆に変な日本語も世界のあちこちでみられます。

SuperDry→極度乾燥
※本来はビールの「スーパードライ」!?

Buy one, get one free→購入する1は、フリー1を得
※本来は「1つ買うと、もう1つ無料」

Made in France→フラソス製
※本来は「フランス製」

もし、とても信頼感と確実性をアピールしたい日本の技術や商品を紹介する場合に、こんな文章が入っていたらどうでしょうか?日本語の文章を読む時に、変な日本語が少しでもあると、文章の書き手や紹介されている商品やサービスに対しての信頼感をなくしてしまったり、購入を控えたり、不安に思ったりした、という経験が皆さんにもあると思います。

日本の商品やサービス、もしくは日本の企業そのものを売り込みたい時に、現地のネイティブスピーカーが見てがっかりするような言葉で紹介された文書は、その商品やサービスの価値をあっという間に壊してしまいます。そして、逆もしかりですね。

いかがでしたか?最後のコラムで紹介した、誤った翻訳英語・翻訳日本語はさすがにつらいですね。でもこんな誤った翻訳は世界中あちこちに実際あります。山田翻訳事務所では、正しい翻訳はもちろんのこと、翻訳原文の意図や想いをうけた適切な表現を行って、正確に伝わる翻訳品質を徹底しています。ほんの少しの文章の翻訳でもご遠慮はいりません。少しの翻訳でも、個人の翻訳依頼でも、喜んでご対応させていただいております。正しい日本語を世界に!正しい外国語を日本に!山田翻訳事務所の使命です。

翻訳のことなら山田翻訳事務所へ!お気軽にご相談ください。

専任の翻訳ディレクターが
お客様のコーディネートを行います。

                       

私たち山田翻訳事務所では、全てのご依頼に関して経験豊富な専任の翻訳ディレクターが窓口をお担当させていただきます。適切な翻訳サービスをご提供させていただくため、ご依頼内容について、詳しくお伺いし、お客様のご要望やご希望に沿うように対応させて頂きます。

翻訳に関するあらゆることは、ご遠慮なくご相談ください。

  • 見積り無料
  • 特急翻訳対応可能
  • 052-880-3670 10:00~17:30
  • ご相談・お問い合わせ
TOP